【コラム】観光関連、コロナ出向終え本業復帰。これからは「自分」軸に

更新日:7月1日

●コロナ出向終え本業復帰 観光関連、正常化へ備え(2022/6/26 日経)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2077S0Q2A620C2000000/


コロナ期の観光業から消費関連業への大企業間の出向が、コロナ規制終息で正常化されている、というニュース。

正常化、という言葉は言い得て妙。ここで起こった人材シフトは「大企業の互助会」的なものだった(大企業文化の枠外の人たちから見ると、正直、シラけてしまうような)。

実際に働いていた人たちのモチベーションはどのようなものだったのだろうか。


さて、日本企業全体で、徐々に副業解禁が進んでいる。

しかし、企業が副業を推進するとはいえ、働くのは従業員「個人」だ。

企業からのお仕着せの職場、働き方に唯々諾々と従っているだけでは、これまでもこれからもただの「社畜」だ。

そんな人材は、これからの革新期に大きな価値はない。

「自分」を軸に「副業」「複業」を営み、そこで得た新たな知見を元の企業に還元できる、そういった一歩高い視点・立場で働けるのが、これから求められる人材像だと思う。




0件のコメント